「イジメのお話」とひとことで言い切ってしまえば、たぶんイジメという単体の現象が問題になっていると感じ取れるかもしれませんが、これはある種の勘違いであって、イジメというひとつの根幹となる大きなお話から派生した無数のお話の一切を到達できない限り、「イジメのお話」が根本的に解消されることはないでしょう。だからこそ、イジメのお話の放散がこれほどまでに耐え難い状況になってしまっているのです。

こんなイジメのお話の派生のひとつに、「イジメの再発」という問題があります。初めてイジメのお話が解決したかに見えたものの、また新イジメが発生してしまうという事象であり、これは乳幼児には比較的よく見られる事象であるといえます。

学校の医師から見れば、同一の児童が起こしたイジメの問題でなくても、「再発」と感じられてしまうことになると思いますが、学徒や小児の側に立ったときに、本質的に大きな問題となるのは、さすが同一の児童がもっと誰かをいじめて仕舞うという品の再発ということになるでしょう。

ひとつの原因として、学校の医師や父兄が、はじめのイジメのときに敢然と手解きすることができなかったということが挙げられます。無論、こういった原因は、最近の学校の医師の容積や父兄としての体つきを見れば、ある程度仕方がないパーツもあるように思うのですが、そういう他人事のように構えていていいご時世では、せめて今はないでしょう。

もうひとつのお話として、イジメが再発する品の児童は、幼少時期からの住居環境になんらかの原因があるということも推測されます。こういう品の再発は、非常にやっかいだ。というのも、これは飽くまでも幼少ときの発展制度における生涯の問題であって、一般の児童の道徳心、あるいは医師や父兄の道徳心とはすごく別居した道徳心をその児童が持ち合わせる可能性が高いからだ。

さらに言ってしまえば、イジメをイジメと思わないで行動して仕舞う児童が、イジメの再発を導き出すリスクが高い児童であると当てはまることになります。そして、そんな児童の多くが、幼少ときの発展制度における生涯に状況を持ち合わせるケースが多いと当てはまるのです。

だからと言って、タームを元に戻すことなどできるはずもないですから、規則正しい道徳心を粘り強く教えて行くしか方法がないというのが現状です。しかし学校の医師がその児童単独に手をかけるわけにもいかず、学校だけでは根本的に再発を防止するのがむずかしいということもまた呼べるのです。
BABY葉酸~ママのめぐみ~はこちら